コンタクト サイトマップ
ICA
国際コーチ協会とは
入会のご案内
年貞試験・受験要領
活動内容
関連リンク集

特定非営利活動法人国際コーチ協会(ICA)
この法人は、特定非営利活動法人 国際コーチ協会という。
英語標記は、International Coaching Association 略をI.C.Aとする。
  1. 資格認定試験制度の目的

    (1) クライアントにコーチングを行うために必要な知識、スキル、人間力等の能力を判定して資格を付与すること
    (2) 資格取得者の社会的信頼性を高め、活発なコーチング活動を推進すること
    (3) コーチを価値ある職業の一つとして社会に定着させること

  2. 試験の種類及び実施

    (1)ポテンシャルコーチ
       実技試験は毎年3回コーチングアカデミー名古屋校又は東京校にて行う
    (2)ディライトマスターコーチ
       学科試験、実技試験とも該当者がいる場合随時実施
    (3)グランドマスターコーチ
       学科試験、実技試験とも該当者がいる場合随時実施

  3. 受験資格

    (1)ポテンシャルコーチ
       1. 協会が認定するコーチ養成校のカリキュラムを修了した者
         ※養成校のStage1、ポテンシャルコーチ資格取得対策講座又は初級・中級コースの
         カリキュラムを修了した者

       2. クライアントを5人以上持った経験のある者
       3. 有料でコーチを付けた経験のある者

    (2)ディライトマスターコーチ
       1. 2名のディライトマスターコーチの推薦がある者
       2. クライアントをコーチングした経験が20人以上、かつ、合計100時間以上
        (内10人以上は有料であること)

       3. 5人以上のコーチングを受け、その時間が合計30時間以上
        (内3人以上は有料であること)

    (3)グランドマスターコーチ
       1. 2名のグランドマスターコーチの推薦がある者
       2. クライアントをコーチングした経験が50人以上、かつ、合計300時間以上
        (内40人以上は有料であること)

       3. 10人以上のコーチングを受け、その時間が合計60時間以上
        (内8人以上は有料であること)

  4. 資格認定証について

    当協会の理事長は、試験に合格した者を、合格者登録台帳に登録し、
    合格証書を交付する。
    また希望する者には資格認定証を交付する(発行手数料5,250円)

  5. 受験料及び再試験料(消費税込)
    ポテンシャルコーチ
    ディライトマスターコーチ
    グランドマスターコーチ
    学科試験
    2,600円
    10,500円
    12,600円
    実技試験
    8,900円
    21,000円
    31,500円

  6. 試験概要

    (1)学科試験
      (1)ポテンシャルコーチ
          各校にて実施
      (2)ディライトマスターコーチ
          指定の受験会場にて行われるコーチングに関する問題に記述し答える
      (3)グランドマスターコーチ
          指定の受験会場にて行われるコーチングに関する問題に記述し答える

    (2)実技試験
      (1)ポテンシャルコーチ
          国際コーチ協会の資格認定委員会が指定の試験会場で面談にて執り行う(所要時間60分)
          ・認定委員による面談(60分)
      (2)ディライトマスターコーチ
          国際コーチ協会の資格認定委員会が指定の試験会場で面談にて執り行う(所要時間120分)
          ・認定委員へのコーチング(60分)
          ・認定委員による質問に答える(60分)
      (3)グランドマスターコーチ
          国際コーチ協会の資格認定委員会が指定の試験会場で面談にて執り行う(所要時間120分)
          ・認定委員へのコーチング(60分)
          ・認定委員による質問に答える(60分)

  7. 合格判定基準

    (1) 筆記試験
    各設問ごとに、85%以上の得点があること
    (2) 実技試験
      (1)ポテンシャルコーチ
       当協会が定める審査基準に基づき評価し、項目別の評価結果が平均して5段階評価中、
        3.0以上あり、かつ、全項目の得点が2.0以上であること

      (2)ディライトマスターコーチ
       当協会が定める審査基準に基づき評価し、項目別の評価結果が平均して5段階評価中、
        3.5以上あり、かつ、全項目の得点が3.0以上であること

      (3)グランドマスターコーチ
       当協会が定める審査基準に基づき評価し、項目別の評価結果が平均して5段階評価中、
        4.0以上あり、かつ、全項目の得点が3.0以上であること


    (3) 合否発表
    筆記試験及び実技試験ごとに決定し、別途受験者が所属する養成校校長より、通知する。

  8. 再試験

    (1) 筆記試験
    期間を問わず、受験者が所属する養成校校長を通して再試験の申込みを行い、再試験料の支払い完了後に再試験日程を決定する
    (2) 実技試験
    受験者が所属する各養成校校長を通して再試験の申込みを行い、次回以降に実施する実技試験を受けることとする

  9. 資格の更新

    ディライトマスターコーチ以上の資格は2年ごとに更新を行う
    その際、認定試験と同様の更新試験を行う

  10. 受験要綱の改定

    (1)受験要綱は、予告無く改定する場合がある
    (2)受験要綱の改定は、実施する試験の1カ月以上前までに行う